皮ふ炎の悪化

これまで、一度も皮ふ炎に掛かったことがない、という人はいないのではないでしょうか。
あるいは自覚的ではないとしても、例えば肌が痒く感じたり、湿疹が出来たりというような経験はほとんどの人がしているのではないかと思います。
皮ふ炎が起こる場所は決まっているわけではなく、人によって出やすい場所にも違いがあります。

この皮ふ炎については、「湿疹三角形」という経過があると言われています。
いきなり重度の炎症が発生するのではなく、軽度のものが段々と悪化していくことでよりひどい状態になっていくことを示しているものです。
その湿疹三角形におけるスタート地点となるのが「紅斑」と呼ばれるものです。
これは肌上に現れる薄く赤い斑点のようなもので、主に血流が悪化していることによって発生しています。
炎症の始まりとしてのサインとなっているものです。
これが悪化すると、丘疹という盛り上がった炎症へと変化します。

さらに悪化すると小水泡になります。
いわゆる水ぶくれのような状態になっているのがこの状態を指しています。
これが更に悪化し、皮膚炎としては最悪レベルまで悪化したもののことを膿疱と言います。
膿んでしまっている状態で、水泡内部の液体で細菌が繁殖することによって混濁を起こした状態となります。
発熱などを伴う可能性もあり、危険な状態になります。

これが段々と治癒してくると、湿潤や状態や落屑状態となり、治癒に向かっていくことになります。
では、この皮ふ炎はどのようにして発生するのでしょうか。



▼PICK UP
皮ふ炎、皮ふ掻痒症、湿疹などを改善する薬の通販サイトです ... 皮ふ炎